ドラマ『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』はNetflix・Huluで配信?【見逃し配信・サブスク】


『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』は、2022年4月13日から放送開始のドラマ作品です。

ここでは『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』の動画配信サービスでの配信状況を表にまとめました。 また、見逃し配信やお得に観ることができる動画配信サービス、おすすめのサブスクを調べましたのでご紹介します。

おすすめの動画配信サービスを中心に、お得に観れる配信情報などを調査しました。

『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』が観れる動画配信サービス一覧

動画配信サービスの配信状況は次のようになっています。

配信サービス配信状況料金
U-NEXT×2,189円(税込)/月
TSUTAYA DISCAS×2,052円(税込)/月
Hulu<フールー>見放題1,026円(税込)/月
Netflix×880円~1,980円(税込)/月
dTV×550円(税込)/月
ABEMA(AbemaTV)×960円(税込)/月
Paravi×1,017円(税込)/月
Amazonプライム×500円(税込)/月
Disney+×990円(税込)/月
auスマートパスプレミアム×548円(税込)/月

※本作品の配信情報は2022年4月18日時点のものとなります。詳細については表に記載されている配信サービスのホームページからご確認ください。

Huluは2週間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

見逃し配信サービスで『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』を観る

Hulu<フールー>なら見逃してしまった『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』を観ることができます。

お得に『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』が観れる動画配信サービス

『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』がお得にHuluなら観れます。

Huluは無料トライアルがあり、無料トライアルの期間中なら解約しても月額料金は発生しません。この無料トライアルを利用すればお得に『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』を観ることができます。

おすすめのサブスク

『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』を観るなら無料期間があり、配信作品も多いのでHuluがおすすめです。

Huluのサービス内容

月額料金1,026円(税込)
無料お試し期間2週間
動画作品数100,000作品以上(全ての作品が見放題)

Huluは見放題作品数が多く、コストパフォーマンスに優れています。また、日本テレビが事業を取得したため、日本テレビ作品が豊富です。

そして、Huluで配信されているすべての作品は見放題なので、追加料金を取られる心配はありません。


サービスの詳細は下記ホームページでご確認ください。

Hulu<フールー>の2週間無料お試しキャンペーンはこちら

『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』の作品概要

あらすじ

ワークライフバランスや副業、リモート会議・・・『働き方』が大きな転換期を迎えている今、
底抜けに明るい2人のポンコツ新入社員が、誕生する!その名は・・・
田中麻理鈴(まりりん)

窓際部署に配属された彼女は、同じ部署で働く
謎の先輩社員・峰岸さんから
「あなた、出世したくない?」
と、そそのかされる。

デキない、しかし、メゲない麻理鈴は、
各部署のクセ者社員たちが抱える職場の問題にぶち当たりながら、
持ち前の明るさと、峰岸さんの小ずるい出世メソッドを武器にして
こずるく、楽しく、成り上がる!

どうして、麻理鈴はがむしゃらに頑張れるのか?
それは・・・一目惚れした名前も知らない先輩社員に近づきたいから♡
さらに、峰岸さんが麻理鈴を出世に導くことにも理由があって・・・!?

暑苦しく働くのが青臭い?でも、一生懸命働くって、カッコいいじゃん!
ニッポンのお仕事を明るくする、出世エンターテイメント

その他(情報引用元など)

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました