海外ドラマ『The 100/ハンドレッド』シリーズはNetflix・Hulu・U-NEXT・dTVどれで配信?


『The 100/ハンドレッド』シリーズは、2014年から放送されたアメリカのドラマ作品で、現在シーズン5まで配信されています。

ここでは人気の9つの動画配信サービスで海外ドラマ『The 100/ハンドレッド』シリーズのシーズン1~5配信状況を比較して紹介します。

『The 100/ハンドレッド』シリーズはどれで配信?

9つの動画配信サービスの配信状況は以下のようになっております。

配信サービス s1 s2 s3 s4 s5
U-NEXT
TSUTAYA TV
Hulu × × × × ×
Netflix
ビデオマーケット
FOD × × × × ×
dTV
ビデオパス × × × ×
Amazonプライム × × × × ×

このページの情報は2019年3月4日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

U-NEXTは31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『The 100/ハンドレッド<ファースト・シーズン>』のあらすじ(イントロダクション)

核戦争によって地球が滅びてから97年後、生き残った人類は宇宙に逃れ、“アーク”と呼ばれる宇宙ステーションで暮らしていた。

しかし、人口増加と資源の枯渇という問題を前に、再び地球へ帰る必要性に迫られた政府は地球が居住可能な状態であるかを調査するため、服役中の少年少女100人を地球へと送り込む。

放射能に覆われ、変わり果てた危険な地球で、人類生存の未来を託された100人の、壮絶なサバイバルが、今始まる。

『The 100/ハンドレッド<セカンド・シーズン>』のあらすじ(イントロダクション)

アークが破滅し、地球に帰還した人類。

地上では戦いに負けたクラーク達がマウンテンマンに囚われていた。

そこで明らかになるマウントウェザーの謎。

恐ろしい秘密。

一方残った少年少女たちもまた外の世界で野蛮な種族と戦い続け、アークから帰還したアビー達もまた、地球の脅威に立ち向かっていた。交錯する戦い。

そして新たな謎の存在ー光の町。

それぞれが、それぞれの世界で、生き残りを懸けた戦いを繰り広げ、熾烈な争いが加速する。

仲間を守るためにする苦渋の決断。信頼と裏切り。

そして犠牲。共存は不可能 ─ 最後に勝ち残るのはどの種族か?

『The 100/ハンドレッド<サード・シーズン>』のあらすじ(イントロダクション)

マウント・ウェザーの戦いから3ヶ月。

マウンテン・マンを全滅させたクラークは「ワンヘダ(死を司る者)」と呼ばれ、全民族から追われる身となっていた。

彼女の窮地を知ったケインやベラミーたちは、グラウンダーのエリアに入り、クラーク救出を試みるが…。

『The 100/ハンドレッド<フォース・シーズン>』のあらすじ(イントロダクション)

光の町が崩壊し、現実世界に戻ってきた人々は痛みと悲しみに襲われる。

オクタヴィアはインドラと再会。

インドラそしてケインも息を吹き返していた。

クラークはロアンを助けようとするが、氷の国のエコーに阻止される。

エコーは「すべて空の民のせいだ。ポリスは氷の国が支配する」と宣言。

一方クラークとベラミーは、アルカディアにいるレイヴンに無線で連絡を取り、アリーの話の事実確認を頼む。

レイヴンの調査の結果、アリーの話が真実だと判明する。

クラークはケイン、アビー、オクタヴィア、インドラ、ベラミー、ジャハと今後の動きについて話し合う。

クラークは皆に、アリーが光の町を作った理由を打ち明け、氷の国と戦うのではなくロアンの協力を得たいと言う。

クラークはロアンに地球の危機を伝え、対策を立てるためにも空の民を解放してほしいと頼む。

そしてフレームをロアンに託す。

ロアンは広場に集まったグラウンダー達にフレームを見せ、自分がフレームキーパーになること、そして13番目の一族を含めた連合を守って行くことを宣言する。

その頃、エジプトではすさまじい熱風が吹き荒れていた。

そして旅人が一瞬のうちに燃え尽き、無残な最後を迎えるのだった。

『The 100/ハンドレッド<フィフス・シーズン>』のあらすじ(イントロダクション)

フォース・シーズンで、100人の若者たちは生き延びるために想像を絶するような勝負に出るが、結局、世界は2度目の終わりを迎える。

この戦いのために、彼らは引き裂かれ、敵対し、仲間たちの命は奪われてしまう。

ヒーローたちが知ったのは、人類が決して打ち勝つことのできない敵に直面する運命にあるという厳しい現実、すなわち、地球に残っていた原子炉がメルトダウンし大気に火がつくことだった。

最悪の事態に備える時間はゼロに等しく、わずかな可能性もどんどん消えていく。

文字どおり、地球滅亡までのカウントダウンが始まる中、ヒーローたちは、1人でも生き残るために不可能に近い選択を強いられる。

プライムファイアの影響を受ける中、彼らの戦いが再び始まる。

ヒーローたちは、自分たちが家と呼ぶ新しい場所に対する責任と、そこで暮らすことになる未来の世代に対する責任を果たさなければならない。

生き残ったことを喜び、新たな道を歩むことはできるのだろうか。

それとも、灰の中から立ち上がるためのたった1つのチャンスを、人間の弱さによって失ってしまうのだろうか。

フィフス・シーズンの始まりは、世界が2度目の終わりを迎えてから6年後。

ヒーローたちは離れ離れのままだ。

ベラミーのチームは宇宙に、クラークは地上に、そして何百人という人々が地下のシェルターに囚われの身となっている。

しかし巨大な囚人船が地上に降りてきたことをきっかけに、100人の若者たちは自分たちの家を取り戻そうと、再び集結する。

2つの軍隊が1つの谷に集まると、同盟は動き、友は敵になる。

戦いの時が近づき、かろうじて生き残った人間たちの命を脅かす。

ヒーローたちはこの悪循環を打ち破れるのか。

それとも、過去は繰り返される運命にあるのか。

生き残りをかけた戦いの中で確かなことはただ1つ。

善良な人間などいないということだ。