韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』はHulu・U-NEXT・dTV・Netflixどれで配信?


『帝王の娘スベクヒャン』は、2013年に放送された韓国のテレビドラマ作品です。

主演はソ・ヒョンジンが務めます。

ここでは、人気の7つの動画配信サービスで『帝王の娘スベクヒャン』の配信状況を比較して紹介します。

『帝王の娘スベクヒャン』はどれで配信?

7つの動画配信サービスの配信状況は以下のようになっております。

配信サービス 配信状況
U-NEXT
TSUTAYA TV
Hulu ×
Netflix ×
FOD ×
dTV ×
クランクインビデオ ×

このページの情報は2019年12月26日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

U-NEXTは31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『帝王の娘スベクヒャン』のあらすじ(イントロダクション)

第25代東城王の時代。加林城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄・ユンとの子を身ごもっていた。

しかし、度々戦地に赴いていたユンはそのことを知らなかった。

そんなある日、ユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。

そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクにそそのかされたチェファの父ペク・カは、東城王の暗殺を実行する。

激怒したユンはペク・カを自害に追い込む。そして、ユンはチェファも死んだと思い込み、第25代王に即位したのであった。

ところが、ペク・カの家来クチョンに助けられたチェファは生きていた。

彼女はユンの娘ソルランを産み、その後、クチョンとの間に娘ソルヒをもうける。

時がたち、異父姉ソルランが武寧王(=ユン)の娘だと知ったソルヒは、姉になりすまして王女になる野望を抱く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする