邦画『娼年』はNetflix・Hulu・U-NEXTどれで配信?


『娼年』は、2018年4月に公開された日本の映画作品で、女性から高い人気を得ています。

全編ほぼ性描写という衝撃作。奥深い人間ドラマが展開する。

監督は三浦 大輔、主演は松坂 桃李が務めます。

ここでは、人気の7つの動画配信サービスで『娼年』の配信状況を比較して紹介します。

『娼年』はどれで配信?

7つの動画配信サービスの配信状況は以下のようになっております。

配信サービス 配信状況
U-NEXT
TSUTAYA TV
Hulu ×
Netflix ×
FOD
ビデオパス ×
クランクインビデオ ×

このページの情報は2019年3月17日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

FODは1ヶ月の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『娼年』のあらすじ(イントロダクション)

娼夫リョウが見つめた、生と性の深奥―

そして僕は、娼夫になった―

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。

ある日、領の中学校の同級生でホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。

女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。

「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。

それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。

入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。

最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。