実写映画『咲-saki-』はNetflix・Hulu・U-NEXTどれで配信?


『咲-saki-』は、小林立による麻雀漫画を原作として2017年に公開された実写映画作品です。

ここでは人気の8つの動画配信サービスで実写映画『咲-saki-』の配信状況を比較して紹介します。

『咲-saki-』はどれで配信?

8つの動画配信サービスの配信状況は以下のようになっております。

配信サービス 配信状況
U-NEXT
TSUTAYA TV
Hulu
Netflix ×
ビデオマーケット ×
FOD ×
ビデオパス ×
クランクインビデオ

このページの情報は2019年3月10日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

U-NEXTは31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『咲-saki-』のあらすじ(イントロダクション)

負けたくない、負けられない・・・・・・それぞれの思いを乗せて運命の牌がその手に握られた!

全国高校麻雀大会・長野県予選、清澄高校・龍門渕高校・風越女子高校・鶴賀学園の4校が激突する決勝戦。

それは各校5人の雀士が総合点を競い、全国大会=インターハイへの切符を手に入れようとする頂上決戦でもある。

ここに駒を進めた4校の少女たちは、それぞれの思いを胸に、決戦の場に向かう。

ここで負けたら、大好きな先輩は引退してしまう・・・・・・。

仲間と一緒にもっと麻雀を楽しみたい・・・・・・。

あの娘にだけは負けたくない・・・・・・。

さまざまな思いが交錯する中、初の決勝進出を果たした清澄高校の1年生大将・宮永咲(浜辺美波)は全国大会出場を賭けた戦いに向かおうとしていた。

麻雀嫌いだった咲に麻雀の楽しさを思い出させてくれた、全国中学生麻雀大会チャンピオン・原村和(浅川梨奈)、タコス好きで東場に異常に強い片岡優希(廣田あいか)、学生議会長兼麻雀部部長の竹井久(古畑星夏)、雀荘の娘で知識派の染谷まこ(山田杏奈)。

「この5人で全国に行くんだ!」――そう、泣いても笑っても、これが最後。

しかし、そんな彼女の前に、常識では考えられない才能を持った恐ろしい“怪物”が立ちはだかる・・・・・・。