ドラマ『REAL⇔FAKE Final Stage』はNetflix・Huluで配信?【見逃し配信・サブスク】


2023年1月10日から放送開始の『REAL⇔FAKE Final Stage』の動画配信サービスでの配信状況を表にまとめました。 また、見逃し配信やおすすめのサブスクを調べましたのでご紹介します。

おすすめの動画配信サービスを中心に、配信情報などを調査しました。

『REAL⇔FAKE Final Stage』が観れる動画配信サービス一覧

動画配信サービスの配信状況は次のようになっています。

配信サービス配信状況料金
U-NEXT2,189円(税込)/月
TSUTAYA DISCAS2,052円(税込)/月
Hulu<フールー>1,026円(税込)/月
Netflix880円~1,980円(税込)/月
dTV550円(税込)/月
ABEMA(AbemaTV)960円(税込)/月
Paravi1,017円(税込)/月
Amazonプライム500円(税込)/月
Disney+990円(税込)/月
DMMプレミアム550円(税込)/月

※1 「―」・・・配信なし or 不明
※2 「〇」・・・配信中 or 配信予定

本作品の配信情報は2023年1月14日時点のものとなります。詳細については表に記載されている配信サービスのホームページからご確認ください。

Huluは2週間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

見逃し配信サービスで『REAL⇔FAKE Final Stage』を観る

Hulu<フールー>なら見逃してしまった『REAL⇔FAKE Final Stage』を観ることができます。

おすすめのサブスク

『REAL⇔FAKE Final Stage』を観るなら無料期間があり、配信作品も多いのでHuluがおすすめです。

Huluのサービス内容

月額料金1,026円(税込)
無料お試し期間2週間
動画作品数100,000作品以上(全ての作品が見放題)

Huluは見放題作品数が多く、コストパフォーマンスに優れています。また、日本テレビが事業を取得したため、日本テレビ作品が豊富です。

そして、Huluで配信されているすべての作品は見放題なので、追加料金を取られる心配はありません。


サービスの詳細は下記ホームページでご確認ください。

Hulu<フールー>の2週間無料お試しキャンペーンはこちら

『REAL⇔FAKE Final Stage』の作品概要

あらすじ

クイーンレコード・朱音社長(蒼井翔太)の下で、活動する“Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)”が慰安旅行で、山奥にある一軒の洋館に訪れていた。5人の様子をファンクラブ用に撮影をするため、ディレクターの守屋(染谷俊之)も一緒に来ていた。ただの旅行だと思っていたメンバーは不満げだが、束の間の休暇にメンバーで一緒に居られる時間を楽しんでいた。が、ただ一人、牧野凪沙(荒牧慶彦)の表情は曇っていた。リーダーの征行(和田雅成)は心配して声をかけるが、「何でもない」とはぐらかされてしまう。そんな中、メンバーだけの貸し切りのはずの洋館に、突然、多田圭一(谷口賢志)がやって来る。予約していたと言い張る多田は、貸し切りだと言っても一歩も引かず、1泊だけ泊めてくれ、と。渋々、洋館のオーナー・菅原(小西詠斗)は従業員用の部屋に案内することになり―。

そしてその夜、Stellar CROWNSはチームに分かれて、肝試しをすることになったが、そこで“とある事件”が起こり―。

その他(情報引用元など)

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました