アニメ映画『雄獅少年/ライオン少年』はNetflix/Huluで配信?【サブスク】


『雄獅少年/ライオン少年』の動画配信サービスでの配信状況を表にまとめましたのでご紹介します。

おすすめの動画配信サービスを中心に配信情報などを調査しました。

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

『雄獅少年/ライオン少年』が観れる動画配信サービスは?

調べた動画配信サービスでの配信状況は次のようになっています。

配信サービス配信状況料金
U-NEXT2,189円(税込)/月
TSUTAYA DISCAS2,052円(税込)/月
Hulu<フールー>1,026円(税込)/月
Netflix880円~1,980円(税込)/月
ABEMA960円(税込)/月
Amazonプライム600円(税込)/月
Disney+990円(税込)/月
DMM TV550円(税込)/月

※1 「―」・・・配信なし or 不明
※2 「〇」・・・配信中 or 配信予定

※本作品の配信情報は2023年11月17日時点のものとなります。詳細については表に記載されている配信サービスのホームページからご確認ください。

DMM TVは30日間の無料トライアルとポイント付与でお得に見ることができます。

おすすめのサブスク

『雄獅少年/ライオン少年』を観るなら新規会員特典で30日間無料+ポイント付与があり、配信作品数の多いDMM TVがおすすめです。

DMM TVのサービス内容

月額料金550円(税込)
新規登録特典30日間無料 + 550ポイント付与
動画作品数アニメ5,400作品以上、エンタメを含む17万本
DMM TVは2022年12月にサービスが開始された比較的新しい動画配信サービスですが、月額550円(税込)でDMMプレミアム会員になることで、アニメ、エンタメなどの作品約17万本が見放題で楽しめる圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。さらに新規会員特典で30日間無料+550ポイント付与で利用することができます。

サービスの詳細は下記ホームページでご確認ください。

30日間無料+ポイント付与のDMM TVはこちら

『雄獅少年/ライオン少年』の作品概要

あらすじ

貧しい少年チュンは、出稼ぎ中の両親の帰りを待っていた。ある日、獅子舞バトルで屈強な男を倒した同じ名前の少女チュンから獅子頭を譲り受けた。チュンはお調子者のマオと食いしん坊のワン公を誘い、獅子舞バトル競技会に出場することを決意。元獅子舞選手で飲んだくれのチアンに無理やり弟子入りし、チアンの妻アジェンの励ましを受けながら三人は猛特訓を積む。しかし、大会目前でチュンの父が大けがをし、チュンは家族のために大都市での出稼ぎを決意する。過酷な労働に耐えつつも、仲間たちとの夢を諦めそうになったチュンの前に、再びあの少女が現れた。

参考サイト(情報引用元)

映画『雄獅少年/ライオン少年』公式サイト