ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』はNetflix・Hulu・U-NEXTどれで配信?


『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』は、2019年1月から放送された北大路欣也主演のテレビドラマ作品です。

本作は過去の街並みを完璧に覚えている刑事が、記憶だけで事件の真相に迫る推理ドラマとなっている。

ここでは人気の7つの動画配信サービスでドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の配信状況を比較して紹介します。

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』はどれで配信?

7つの動画配信サービスの配信状況は以下のようになっております。

配信サービス 配信状況
U-NEXT
TSUTAYA TV
Hulu ×
Netflix ×
FOD ×
ビデオパス ×
クランクインビデオ ×

このページの情報は2019年3月25日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

U-NEXTは31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』のあらすじ(イントロダクション)

新宿東署では、日々多くの事件が起こり、刑事が認知していても動けない“手付かず案件”となっている事件が多くある。

そんな新宿東署に、一人の車椅子の刑事が配属された。

彼の名は、鬼塚一路(北大路欣也)。

定年間際の最後の事件で、犯人に刺されて両足の機能を失い車椅子生活となった彼は、1年後、新宿東署刑事課の司法係長に再任用された。

鬼塚は、新米時代と定年間際の二度、この新宿東署に配属されている。

これにより彼は「昭和」と「平成」ふたつの時代を通して新宿の街の詳細な記憶を持ち、事件を推理する際、「記憶の街」として脳内に描き出すことができる。

“手付かず案件”により困っている人がいることを知った鬼塚は気になる事件を調べるようになる・・・そんな中、刑事志望の遠山咲(上白石萌音)とキャリアの刑事官・神啓太郎(風間俊介)が配属される。

二人が車椅子の鬼塚の足となり、手付かず案件の捜査が始まる!