アニメ『イロドリミドリ』はNetflix・Huluで配信?【見逃し配信・無料動画】


『イロドリミドリ』は、2022年1月4日25:00~放送開始の作品です。

ここでは『イロドリミドリ』の動画配信サービスでの配信状況を表にまとめました。 また、見逃し配信・全話無料で観ることができる動画配信サービスを調べましたのでご紹介します。

おすすめの動画配信サービスを中心に、無料で観れる配信情報などを調査しました。

『イロドリミドリ』が観れる動画配信サービス一覧

動画配信サービスの配信状況は次のようになっています。

配信サービス配信状況料金
U-NEXT2022年1月5日より
配信開始
2,189円(税込)/月
TSUTAYA DISCAS×2,052円(税込)/月
Hulu<フールー>2022年1月5日より
配信開始
1,026円(税込)/月
Netflix×880円~1,980円(税込)/月
FOD2022年1月5日より
配信開始
976円(税込)/月
dTV×550円(税込)/月
ABEMA(AbemaTV)2022年1月5日より
配信開始
960円(税込)/月
Paravi×1,017円(税込)/月
Amazonプライム2022年1月5日より
配信開始
500円(税込)/月
Disney+×990円(税込)/月

※本作品の配信情報は2022年1月4日時点のものとなります。詳細については表に記載されている配信サービスのホームページからご確認ください。

U-NEXTは31日間の無料トライアル期間がありますので、お得に見ることができます。

見逃し配信サービスで『イロドリミドリ』が観れる?

TVer、GYAO!などの無料の見逃し配信は現在ありません。 ですが、調べたところ下記で紹介する動画配信サービスで放送されたすべてのアニメ『イロドリミドリ』が実質無料で観ることができます。

全話無料で『イロドリミドリ』が観れる動画配信サービスは?

『イロドリミドリ』が実質無料でU-NEXTなら観れます。 U-NEXTは31日間無料トライアルがあり、無料トライアルの期間中なら解約しても月額料金は発生しません。この31日間無料トライアルを利用すれば実質無料で『イロドリミドリ』を観ることができます。

おすすめのサブスク

『イロドリミドリ』を観るなら無料期間があり、配信作品も多いのでU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTのサービス内容

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間(期間中の解約なら月額料金なし)
毎月のポイント付与1,200ポイント(お試し期間は600ポイント)
動画作品数240,000万作品以上 (見放題220,000本/レンタル20,000本)
書籍・漫画・ラノベ57万冊以上
雑誌読み放題110誌以上
U-NEXTは他社配信サイトと比べると圧倒的に見放題の作品数が多く、有料でしか見ることができない新作映画なども付与されるポイントを使うことで毎月1、2本を追加料金なしで観ることができます。さらに書籍・漫画・ラノベ・雑誌なども読むことができるといった充実のサービス内容となっています。

サービスの詳細は下記ホームページでご確認ください。

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

『イロドリミドリ』の作品概要

放送日

2022年1月4日25:00~

VOD配信開始日

2022年1月4日(火)25:05~

あらすじ

舞ヶ原音楽大学付属舞ヶ原高等学校(通称まいまい)。
才能あるミュージシャンの卵が全国から集まるこの学び舎には、ある噂がある。

『ライブですごいパフォーマンスができたら、追加で特別な点数がもらえる(らしい)』

単位の危ない芹菜は噂を信じてバンドを結成!
演奏したり、お泊りしたり、コスプレしたり?な、いろとりどりの毎日。
学園フェスでいい演奏をして無事に単位をゲットできるのか!?
ゆるゆる日常系ガールズバンドストーリー開演!

キャスト

明坂芹菜:新田恵海
御形アリシアナ:福原綾香
天王洲なずな:山本彩乃
小仏凪:佐倉薫
箱部なる:M・A・O

スタッフ

原作:七条レタス(IOSYS)、齊藤キャベツ(SEGA)
キャラクター原案:Hisasi
企画:CHUNITHM
監督:田中千駿
シリーズ構成:田中千駿、石倉礼
キャラクターデザイン:佐藤健史、後藤香織
美術監督:魏斯曼(St.PILZ)
色彩設計:池田ひとみ
撮影監督:石山智之
編集:柳圭介
音響監督:西山寛基
音楽:D.watt(IOSYS)
デザインサポート:佐藤啓太(SEGA)
アニメーションプロデューサー:映月
アニメーション制作:暁
プロデューサー:小清水純(SEGA)、跡部泰広(フロントウイング)
アシスタントプロデューサー:植村有紀子(SEGA)、石坂竜二(フロントウイング)、河野麗生(フロントウイング)
プロデュース・宣伝:SEGA、フロントウイング
製作:イロドリミドリ新聞部

その他(情報引用元など)

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました