ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』はNetflix・Hulu・dTVどれで配信?


『生きるとか死ぬとか父親とか』は、2021年4月9日深夜0時12分~より放送開始のテレビドラマ作品です。

ここでは『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画配信サービスでの配信状況を表にまとめましたのでご紹介します。

おすすめの動画配信サービスを中心に配信情報などを調査しました。

『生きるとか死ぬとか父親とか』が見れる動画配信サービスは?

調べた動画配信サービスでの配信状況は次のようになっています。

配信サービス配信状況料金
U-NEXT×2,189円(税込)/月
TSUTAYA TV/DISCAS×2,659円(税込)/月
Hulu×1,026円(税込)/月
Netflix×880円~1,980円(税込)/月
FOD×976円(税込)/月
dTV×550円(税込)/月
ABEMA(AbemaTV)×960円(税込)/月
Paravi2021年4月10日0:52より
配信開始
1,017円(税込)/月
Amazonプライム×500円(税込)/月

※本作品の配信情報は2021年4月9日時点のものとなります。詳細については表に記載されている配信サービスのホームページからご確認ください。

Paraviのサービス内容

月額料金1,017円(税込)
無料お試し期間2週間
動画作品数非公開

Paraviは月額1,017円(税込)の動画配信サービスです。TBS・テレビ東京などが出資しているため、それらテレビ局のドラマやバラエティ番組が豊富にあります。さらにParaviオリジナルコンテンツなども視聴できます。

また、ベーシックプランをご利用の方は毎月1枚「Paraviチケット」がプレゼントされます。このParaviチケットは一部のレンタル作品を視聴するのに使えます。


サービスの詳細は下記ホームページでご確認ください。

2週間無料のParaviはこちら

『生きるとか死ぬとか父親とか』の作品概要

あらすじ

主人公・蒲原トキコは20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也がたった一人の肉親。愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で勝気な40半ばの娘。ひとたび顔を合わせればギクシャクし一度は絶縁寸前までいった二人だが、今では時々外食しながら話をする関係になっている。そんなある日、トキコは父についてのエッセイを連載することになった。ネタ集めのため父に会うたびいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではない。母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影…。父への愛憎と家族の表裏を描く、普遍にして特別な家族の物語。

その他

公式サイト(各情報引用元)

コメント

タイトルとURLをコピーしました