映画『生きる街』はNetflix・Hulu・U-NEXT・dTVどれで配信?


『生きる街』は、榊英雄監督による2018年に製作された映画作品です。

本作は傷ついた人に寄り添い、共に前を向かせてくれる珠玉のヒューマンドラマとなっている。

ここでは人気の9つの動画配信サービスで映画『生きる街』の配信状況を比較して紹介します。

『生きる街』はどれで配信?

9つの動画配信サービスの配信状況は以下のようになっております。

配信サービス 配信状況
U-NEXT
TSUTAYA TV
Hulu ×
Netflix ×
ビデオマーケット ×
FOD
dTV
ビデオパス ×
Amazonプライム ×

このページの情報は2019年3月3日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

U-NEXTは31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『生きる街』のあらすじ(イントロダクション)

生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。

津波に流された夫は帰って来ない。

それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。

しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。

被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。

そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。

手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった―。