アニメ『ゲッターロボ アーク』はNetflix・Hulu・dTVどれで配信?


『ゲッターロボ アーク』は、2021年7月4日から放送開始のアニメ作品です。

ここでは『ゲッターロボ アーク』の動画配信サービスでの配信日・配信状況を表にまとめましたのでご紹介します。

おすすめの動画配信サービスを中心に配信情報などを調査しました。

『ゲッターロボ アーク』が観れる動画配信サービスは?

調べた動画配信サービスでの配信日・配信状況は次のようになっています。

配信サービス配信状況料金
U-NEXT2021年7月10日より
配信開始
2,189円(税込)/月
TSUTAYA TV/DISCAS2021年7月4日より
配信開始
2,659円(税込)/月
Hulu2021年7月4日より
配信開始
1,026円(税込)/月
Netflix2021年7月10日より
配信開始
880円~1,980円(税込)/月
FOD×976円(税込)/月
dTV2021年7月10日より
配信開始
550円(税込)/月
ABEMA(AbemaTV)×960円(税込)/月
Paravi×1,017円(税込)/月
Amazonプライム2021年7月10日より
配信開始
500円(税込)/月
Disney+×770円(税込)/月

※本作品の配信情報は2021年7月4日時点のものとなります。詳細については表に記載されている配信サービスのホームページからご確認ください。

Huluは2週間の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

『ゲッターロボ アーク』の作品概要

放送日

2021年7月4日 毎週日曜21時~
AT-X,TOKYO MXほか

あらすじ

流拓馬(cv内田雄馬)と山岸獏(cv寸石和弘)は、埋立地のゴミの山の上に立っていた。
目の前には、上空から墜落したロボット=ゲッターD2の機体がある。
世界は荒廃していた。
19年前――。世界は、“蟲”のような謎の敵の襲撃を受ける。その戦いの中で、主要都市は壊滅状態に陥ってしまう。各国は戦力をシベリアに集結させ、敵との決戦に挑んだ。流竜馬たちの乗るゲッターロボも、その中にあった――。

日本、現在。浅間山麓にある早乙女研究所の指令室で、神隼人(cv内田直哉)は戦況を見つめていた。そうだ、戦闘はまだ続いているのだ。その隼人のもとに報告が入る。墜落したゲッターD2が動き出したのだ。モニターに映った見知らぬ若者は「流拓馬」と名乗る。あの時、ゲッターロボとともに決戦に向かった流竜馬の息子だった。拓馬は、ゲッターD2を一気に上空へ飛ばし、敵との交戦に入った。隼人は待機していたパイロット、カムイ・ショウ(cv向野存麿)に命じる。「ゲッターアーク、出撃!」
新たなゲッターロボ、ゲッターアークの機体が大空を切り裂いていく。
ゲッターアークの戦いは、ついに始まった。
この戦いの果てに待っているのは、生存か、消滅か――。

キャスト(声優)

流拓馬:内田雄馬
カムイ・ショウ:向野存麿
山岸獏:寸石和弘
神隼人:内田直哉

スタッフ

企画:ダイナミック企画
原作:永井豪・石川賢
監督:川越淳
構成・脚本:早川正
キャラクターコンセプト:星和弥
キャラクターデザイン:本橋秀之
ロボット・コンセプトデザイン:堀井敏之
プロップ・メカデザイン:岩畑剛一/森木靖泰/鈴木典孝
美術監督:根岸大輔
美術設定:滝口勝久
CGI監督&CGデザイン:後藤優一
音響監督:なかのとおる
音楽:栗山善親/寺田志保
音楽制作:ランティス
主題歌:JAM Project
アニメーション制作:Bee・Media
製作:真早乙女研究所

その他(情報引用元など)

公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました