ドラマ『限界団地』はHuluで配信されてない?どこで配信?


ドラマ『限界団地』はフジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で2018年6月から放送が開始された作品です。主演は本作が連続ドラマ初主演となる佐野史郎さんが務めます。

ドラマ『限界団地』はHuluで配信されてない?どこで配信?

フジテレビ系列作品であるドラマ『限界団地』は、残念ながらHuluでは配信されていませんでした。ですが、フジテレビが運営する動画配信サービスのFOD(フジテレビオンデマンド)なら視聴することができます。

FODは1ヶ月の無料お試しキャンペーンがありますので、お得に見ることができます。

このページの情報は2018年8月28日時点のものです。詳細はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。

『限界団地』のあらすじ(イントロダクション)

「あやめ町団地」に引っ越してきた寺内誠司(佐野史郎)。

一年前に息子夫婦を火事で亡くし、残された孫娘を引き取った寺内は、いわゆる老老介護の高齢の父と孫娘の3人でここに住む予定だ。

子供の頃、寺内はあやめ町団地に住んでいた。

1970年代に建てられた当時は庶民の憧れで活気があったが、今は住人の数も減り、人も建物も老朽化の一途をたどっている。

寺内は早速、隣の部屋に住む主婦の桜井江理子(足立梨花)と夫・高志(迫田孝也)に挨拶に訪れる。

満面の笑顔で「2人目の子供の予定は?」などぶしつけな質問をしながら距離を縮め、「僕たちはこの“夢のニュータウン”で今日から新たな人生をスタートさせます」と熱く宣言する。

寺内は団地の一部屋一部屋を丁寧に回り、「お近づきのしるしに」とお手製のドアノブカバーを配る。さらに自治会の集まりにも積極的に顔を出し、団地内の交流を図ろうと画策。

しかしやる気の無い自治会長の金田哲平(山崎樹範)や、ルールを守らない老人、挨拶しても無視する住人たちなど、寺内が思い描くようにはうまくいかない。

すると、孫娘のために昔のような良き団地へと導こうとする寺内が動き出した。

彼は団地を救う救世主か、それとも悪魔か・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする